防火ガラス

一般的に窓に使われているフロートガラスには耐熱性がありません。火事などで熱され高温の状態になると割れて脱落してしまい、そこから炎が侵入してしまいます。ガラスが割れると炎の出入りだけでなく、酸素の流入により燃え広がりやすくなるので対策が必要です。

都市部などで防火地域や準防火地域であったり隣地からの境界線の位置など、消防法や建築基準法などの法律で定められた建物は防火ガラスを設置しなければなりません。

防火ガラスの性能

防火ガラスは耐熱性が高く、火災時に割れ落ちを防いで炎や酸素の出入りを食い止めます。

自宅から近隣への燃え広がりや外からの炎の流入を防ぎ、火災被害の拡大を抑えます。

防火ガラスで火災被害を最小限にする

網入りの防火ガラス

網入りの耐熱ガラスは従来からよく使用されており、ガラスの中にワイヤーがひし形やクロスや縦に封入されています。

火事などでガラスが割れた時、金網がガラスの破片を支えて脱落を防ぎます。

網入りガラスの種類

腐食して錆割れを起こした網入りガラス

網入りガラスに防犯性能はない

金属のワイヤーが入っているので防犯効果があると間違われやすいですが、異物が入っている分ガラスとしての強度はそれほど強くありません。

中のワイヤー自体は簡単に切ることができ、ハンマーなどで叩き割った場合ワイヤーの効果で音があまり出ずガラスは飛散しないので網入りガラスの住宅を狙う犯罪者もいます。

また、日射熱などでガラスと中のワイヤーに温度差ができて「熱割れ」をおこしたり、ワイヤーの末端が錆びて腐食し膨張することで「錆割れ」をおこすこともあります。

おすすめは網なし防火ガラス「マイボーカ」

網無し防火ガラス

当社のおすすめは網なし防火ガラスの「マイボーカ」です。

マイボーカはワイヤーがないので視界がクリアになり開放感があり、熱処理を加えてあるので火災時に高い耐熱性能を発揮し高温の炎に熱されても割れず、消火活動やスプリンクラーの水などで急激に冷やされた場合にも破損しにくい性質を持っています。

強度は強化ガラスと同程度と高く、破損した場合も破片が小さな粒状でバラバラになりますので安全面でも優秀なガラスです。

網が無い分薄くて軽量ですので窓の開け閉めが楽になり、サッシへの負担も軽減されます。

またマイボーカを使ったペアガラスにすると断熱性能を付け加えられることができるので、日射熱による室内の温度上昇や冬場の熱の逃げを抑えて冷暖房の効率を上げることもできます。

節電対策や省エネに関心がある方にも満足していただけます。防火地域や準防火地域でも特定防火設備として使用でき、安全さと開放感を手に入れることができます。

取扱いメーカーと商品名

  • 旭硝子 / マイボーカ
  • セントラル硝子 / ファイアレックス
  • 日本板硝子 / パイロクリア

ページトップへ戻る△

出張ガラスサービスtel